2月11日 濃昼

c0103536_2062694.jpg すっかり暖かくなってきているも、アイスに行くべく、近場の濃昼の滝へ。久々である。
 手前に竜神橋というのがあって、そこも沢型地形になっているから、もしかしたら結氷しているかもと思い、そこも偵察に行くことにする。
 パーキングから、先日のモノらしい踏み跡を使わせてもらい。濃昼の滝上部に難なく出て、そこから60Mロープ一本でぴったりの懸垂をする。
 思った以上に右岸側は立っていてびっくりする。
 おりてから唖然。
 以前登った左岸側はまったく結氷しておらず、ど真ん中が、ぶったって落ちているだけである。少々ビビリながら、とりあえず当初の目的通り、竜神橋の下まで300mほど海岸沿いを歩く。結局結氷する以前の問題で、滝にはなっていなかった。
 むなしくもどり、意を決して取り付く。下部は右上気味に登り、テラスで一呼吸。ここから15mくらいがぶっ立ちである。久々の高度感に圧倒されるが、意を決して再度登り出す。途中一本くらいスクリューを打とうかと思ったが、奥を見ると黒く水が流れているのがわかる。スクリューでも入れようものなら、水が噴き出すに違いない。
「行ったれ!」
「氷は自由だ。何もとらずに登る方がシンプルだ。その方が疲れない」
久々にリリースのクライミングでした。どパンプはしなかったのでプチリリースだけどね。
[PR]
by mazuyamadiary | 2008-02-11 20:36
<< 引っ越します 2月2・3日 ニセコ >>