10月7日 石山緑地

c0103536_17522724.jpg先輩から電話。ふた家族で出かける。先週痛めた手首の調子が悪いが、楽しくすごす。写真は、いつか、ブチギレた時に本気トライしたいクラックライン。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-10-07 17:54

10月1日 赤岩

c0103536_1475251.jpg久々の月曜休み。先週と同じメンバーで東に向かう。後輩のマルチの指導を中心に行う。写真は、大黒岩のイエローハングを懸垂していくシブ。いつも、先に行って下から撮るけど、今回は上から撮ってみた。
 石狩浜マシンガンウエイブが、けっこう行けたので、本気トライするも、手首を痛める。結構痛い。
しばらくレスト。とほほ。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-10-01 14:07

9月23日 赤岩

c0103536_2175532.jpg 実に今年2回目の赤岩。前回の雪辱をはらすべく、マットを2枚担いでトカゲへ。今回はカメラマンも来ているとのことで、上からまわりこんで撮影ポイントを作ると同時に抜け口をチェック。そのために初めて、西壁のフランケを登ってみた。しかし、どれも下降点には使えず、けっきょく下部の昔自分が打ったボルトで固定する。
 で、本気トライも、ジャミラ下部の2ホールドがベチョぬれで全然核心に到達できずじまい。合間に天安門をやると、今までで一番ラクショーで登れた。
 太ってはいるものの、上半身の筋力は衰えていない。しかし、最後に登った赤壁クラックでは、けっこう疲れた。持久力が落ちている証拠。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-09-23 23:15

8月2日 ニセコアンヌプリ

 学校の先生方のための講習会。
 今年めでたく、正規の先生になった方々を対象にした研修。これ、もう6年目くらいになる。ヨセミテに行った一度を除いて、毎回講師(というかガイド)をしている。
 今まで、一番天候が心配される状況だったが、全員無事登頂を果たすことができた。全員下山したら、大粒の雨が。ナイスタイミング。毎年、これを続けることで、自分の体力加減もわかる(まるでベルボトムを登るのと同じように)。今年は、かんなり楽勝だった。よかったよかった。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-08-05 07:26

7月21~22日 札幌市民体育大会セット&運営

 今年はとっても早い時期に開催されることになった。昨年に続き若手がメインのルートをセットする。おまけに、もっと若手もヘルプに来てくれた。私はすることがないように思えたが、今回はセット時間が夕方の5時からと言うことで、全然時間がない。にもかかわらず、若手二人はきゃっきゃと左壁ででかいホールドをもちあげては、ボルトが短いだのと、悦に浸っている。そんな中私は、ちゃっちゃと右壁に2本のルートをセット。
 いつものように登らせるルート。
 なんと、今回は小学1年生もエントリーしているとのことで、めっちゃ近めにセットしたが、それでも届かないって言うか登れないって言うか、もうしょうがないって感じ。まぁ、みなさんは楽しんで頂けたのではないかとも思いますが、物足りなくもあったかもしれない。
 決勝も、最後の一手が勝負となるようにつくって、まんまとはまってくれたので、久々にリリースしました。いくつになってもやめられないねぇ。
 運営ジャンキー。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-07-23 23:40

6月16日 赤岩

c0103536_20465336.jpg午後から赤岩行。山岳会訓練も一段落しているだろうと思いきや、結構な駐車量。一人ボルダーでもしようと思っていたが、知り合いの車を発見。すかさず電話。トカゲにいるとのこと。直で向かう。
 向かいながら、悩む。どこを登ろうか。やりたいところがあるというわけではない。強いて言えば、以前登れなかった「ジャミラ」のボルダー化。しかし、すんごいブランクがある状態でトライできるものかどうか・・・。そんなこんなを思いながらトカゲにつくと、すんごい人。44は3人だったのに、ここは何?って感じ。まぁ、休憩している人もいれば、西壁に取り付こうとしている人たちもいれば、それこそジャミラにロープ張っている人もいる。とにかく人だらけ。
 う~ん。僕の好きなパターン。ギャラリーいると登れちゃう口。スポッターがたくさんいるから、という口実でアップ方々ジャミラに取り付く。3トライ目で上部にさしかかる。ここまでくると、墜ちるなら早めに墜ちとけってパターン。ヒモは握りたくない。行ったれ、行ったれ。下には屈強な男4人がスポットしてくれている。右にトラバース。足ブラ数回。ヒールかまして、マントル手前。ツルツルのスラブにカチは無い。ふと下をみると、マットのなんと小さいことか。でも男は4人。手出すしか無いでしょう。でも、あえなく撃沈。撃墜。もんどりうって、岩か何かにすねをぶつけ写真のように・・・。い、痛い・・・。
 その後、天安門にとりつくとのことで、一回だけやらしてもらうも、無事一撃(って言わない?)。よかったよかった。オマケに、西奥裏のボルダーにもトライ。ウルシがコワイ。
 ひっさびさの赤岩だけど、しかも半ドンだけど。充実していた。もう、怖いのとか痛いのがないと満足できない体になってしまったのね。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-06-16 20:46

久々の原稿

c0103536_2150841.jpg 昨年に登ったアンヌプリの原稿が、載っています。写真のあがりを見ないでフィルムごと送っているので、誌面で初めてあがりをみるというのは、つらいものがある。それはそれでまあまあかな?
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-05-31 22:01

できました

c0103536_19475869.jpg
庭の壁がやっとできました。ホールドはたりないですが、リップを抜けるムーブがあるのとないのとでは全然違いますね。息子もルーフにさしかかり始めました。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-05-28 19:47

5月13日 昆布岳

c0103536_11423095.jpg
小雨交じりの中、子どもと6.5合目往復。写真は6合目手前にあるメガネ岩。よくぞ落ちずに残っているものだと、下に行って見上げて、そう思った。とってもボルダーする気にはなれません。
 他のメンバーは無事頂上を踏みました。5合目より上は雪があったものの、この山は登山道も広く、展望も良く、なかなかいけるかもしれません。真狩温泉に入って帰る。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-05-13 11:42

5月12日 大岸海岸

c0103536_14224153.jpg
OB会山行の初日はビーチクライミング。風が少し強いので、テント番。最後の回収だけやりました。久々のルートクライミング。スモークもやり、肉も焼き、焚き火もして、盛りだくさんでした。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-05-12 14:22