テンバ

c0103536_14405224.jpg
よれよれの二人が、懸垂のロープの回収に手まっどっている間に、私はテン場の設営。ここだと、東壁も大槍リッジも、下降ルートも全て見渡せる。すると、突然大槍リッジ上の雪が大きく崩れ、下降ルートをデブリと共に落ちていった。私の下降が遅かったり、二人のロープ回収が順調だと、危険だった。日中は常に上からの落石と雪の崩壊に気をつけて無くてはいけない。夜に少し雨が降り、雷もなったが快適にすごせた。
 翌日最終日、5時に出発し、東稜に抜ける。巨大なデブリの後があり、そこをあるくと雪が堅くて早い。1時間弱で稜線に出る。昨日大槍リッジを後続してきたパーティーのものであろう、テン場があった。しかし、上にも下にもトレールは無く、東稜には誰も入っていない感じである。
 三角岩峰を越え、ガスと強風の中、南峰に8:30着。バットレスからのパーティーで、本峰へのリッジが大渋滞しており、基部でしばらく待つ。風雪激しく、時折目もあけられない。9:30北峰着。雪が多めでほこらもちょっとしか出ていなかった。一気に下る。長官小屋あたりから雨交じりとなり、尻滑りのルンゼも今回は雪が腐りまくりで、快調だった。下部の沢は雪が少なく途中から夏道に入りキャンプ場へ。12時着。
 稚内に着き、新しくできた「港の湯」に行ってみたが、オープン記念で1100円と高く、通常は2000円と聞き、最初で最後の入浴となった。24時札幌着。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-05-05 14:40

大槍リッジ核心部

c0103536_1432855.jpg
岩にへばりついた雪が今にも崩れそうで、岩と雪の間をビビリながらつっこむ。途中ブッシュが2本有り、ランニングがとれたので、少々安心する。岩の間にある土にアックスを決めながら、じりじりすすみ、シュルンド状になった隙間に入り、最後はチムニーっぽく稜線の雪にでた。ナイフリッジをわたって、ブッシュでビレー。フォローしてきた上を少し上のブッシュで切らせる。
7P目:上-シブ-三。太いブッシュをつかんでガシガシ登って大槍の頂上にでる。16時。思った以上に時間がかかった。
懸垂はバットレス側にある残置で50mダブルだと一回で雪まで降りられた。南稜側に行き、さらに懸垂して、ルンゼを下降し、テン場に戻る。(テン場は次ログ写真)
17時テン場着。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-05-05 14:32

S字ルンゼ

c0103536_7254467.jpg
5月4日、2時30分出発。最近の運動不足から、後の二人において行かれることを懸念し、30分前に出発。おかげで、S字ルンゼにも先に突入でき、ヤムナイ沢中央稜にあがるところで追い抜かれた感じとなり、ちょうどよかった。テン場を決め、荷物をデポし、アタックをする。ザックは私のだけを背負い、二人は空身となる。
 東壁基部をトラバースし、大槍リッジを左から回り込み、側壁に取り付く。
1P目:上-シブ-三。草つきが思ったよりいやらしく、苦労する。雪壁でビレー。
2P目:三-上-シブ。そのまま三和がリードし、雪壁をつないで、リッジ上にでる。ブッシュでビレー。
3P目:上-三-シブ。スノーリッジをわたり、正面にある三角形状のフェースを直登する。揺れるが抜けはしないだろう、太いブッシュをつかんで一気に登り切るのが難しい。雪壁でブッシュでビレー。
4P目:上-シブ-三。リッジをブッシュをつかいながらのばす。それほど難しくはない。這松の手前でビレー。
5P目:三-上-シブ。そのままつるべで、三和がロープをのばす。リッジを次々と行くが、岩が出てきたところで厳しくなり、一度切る。
6P目:上-三-シブ。岩を左にまく。途中にキャメの0.5が決まる。5メートルほどで抜けてからがさらに悪くなり、トップを交代し、三がつっこむ。ルート上の核心部。(次ログの写真)
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-05-04 07:25

5月3-5日 利尻(大槍リッジ) 上 渋

c0103536_15504621.jpg
2年あけて、久々の利尻です。鬼脇の駐在に登山届けを出し、ヤムナイ沢の林道をタクシーで詰めると、渡渉点をすぎて、さらに奥まで入れた。おかげで大曲まで1時間弱で到達した。雪は少ない。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-05-03 15:50

4月29日 庭壁

c0103536_1632027.jpg
 大分できました。
 逝っているインパクトでルーフを一人で組むのは、とっても大変でした。(後頭部痛い・・・)
 今回はサイドがあるので、ムーブに変化がうまれます。リップと上部は一人では無理なので、今度焼き肉と抱き合わせてメンツ集めて、ってかんじでしょう。
 洗濯物干しているとき、隣の家の方から、「やってみたいって娘が言っているんです」との言葉。うれしいねぇ。希有なものではなくて、面白そうなものだと思ってくれたことが。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-04-29 16:03

4月15日 庭

c0103536_1617046.jpg 雪もとけたので、庭に壁をつくる。午後から4時間ほどで、ここまで。これからどう大きくするか。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-04-15 16:17

4月8日 アヨロ 大岸

c0103536_5182043.jpg二家族で雨の中ドライブ。アヨロは小雨交じりだがちょっぴり登れた。しかし、産業廃棄物一時体積状となり、アプローチが良くなったんだか、悪くなったんだか。
雨がやまないので大岸に移動。こちらは曇りながらも、雨が無いので、子どもたちも快適に遊ぶ。課題にグレードが無いだけで、こちらの方がキャンプも含めて、楽しめると思う。ひっさびさの更新。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-04-09 05:09

2月12日 羊蹄山 

c0103536_23161666.jpg 久々のツアースキー。しかも鹿と二人だけ。彼と二人きりというのもかなり久々。8:50ころに駐車スペースにつくと、すでに3人が出発準備をしていた。9:20発。1P目まではラッセルをかりるも、あとは5人パーティーのような感じで、交互にラッセルする。スノーシューの単独先行がいて、登り3時間で1200mくらいまで来た。一発落として、2ランすべく登り返す。

 1時間登って1300mくらいまで上げ、2回目は少しラインを変えて落としてみた。すると、ピットチェックでは安定していた雪もノールではやはりだめで、一度切れてしまう。樹林帯に逃げ込むが、細い木々の中でも誘発した。不安定な時は樹林の中でも雪崩が起きることを初めて体験した。足並みの揃った二人行動だったので迅速に対応できた。15:00下山。
 鹿のブログにはかなり細かく記述されているのでそちらも読まれたし。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-02-13 05:54

2月10日 層雲峡 

c0103536_6561931.jpg 久々のアイス。下手したら今シーズン最初で最後になるかも・・・。悲しい。
 どこに行こうかさんざん迷って、上君と層雲峡の登っていない大函の3つの滝に行った。
 大函駐車場に停め、下流から上流に向かって歩く。右岸に最初に出てくるのは「弧弦の滝」

 ごらんのように、傾斜も緩く、短い。途中に大きな穴もあいていた。上野-俺

c0103536_5402689.jpg

次に左岸に渡渉し、「あなたの滝」

 これは短いながらも結氷が良く、氷質も良い。何と言っても取り付きが広いので、大人数での練習や講習に向いている。二人とも登って自分で降り、それぞれリードした。最初は左の緩いライン。次に右の立っているライン。上野はどちらもプリクリ。
 

c0103536_5441899.jpg
最後に、名称がわからない一番奥の滝。立っていてなかなかのライン。これが一番面白かった。(あたりまえか・・・)
 大函トンネルを抜けたところにも駐車スペースがあり、あえて弧弦の滝に行く以外はこちらからのアプローチの方が断然良い。現在工事のため、覆道上のNAKA滝等(パラグーはわからない)が全く入ることができないので、ここがメインのエリアとなることでしょう。
 帰りに銀河の滝を見に行ったら3パーティーくらいがとりついていた。良かった。ちゃんとアイスクライマーはいた。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-02-11 06:56

1月27~28日 ニセコ OB会冬の山行

 ニセコ五色温泉は別館を貸し切り、冬の交流山行を企画した。息子も参加したので、山っぽい山には登っていないが、初日裏山を一本滑ることができた。
[PR]
# by mazuyamadiary | 2007-01-28 20:47